仕事を知る


わたしの仕事

社員の育成と働きやすい環境をつくります。

担当は、工場全体の保全・改善から新しい自動機などの開発・作成など。日常の点検業務と部署からの要望に応えての補修・改善などを行いながら、工場全体で、より生産性を高めていく工程や流れをつくっていきます。また、専用の自動機や金型、治具、刃物なども一つひとつ、NC加工機などを使って作成。この仕事をやっていると、いろいろな機械を使いこなせるようになるのが楽しいですね。大掛かりな改修を行う時にはメーカーのエンジニアと協力して、現場からの希望を伝えたり、予算交渉をしたり、図面を書いて渡す場合もあります。設備や環境づくりには、予算を惜しまない会社なのでありがたいです。ここで作った工程の流れや専用機、金型はタイ工場でも活躍。その技術を駆使できる技術者の育成も大切な仕事のひとつです。
入社のきっかけ

「大卒採用の第一期生」が嬉しかった

自動車関連の企業がいいなと思って探していた中で、家から車で20分、自転車でも30分くらいで通えるのが、ニッシンテクニスだったんです。無駄な通勤時間はいやだなと思っていたので。とは言え、マフラーなどの会社なら何を作っているのかが分かるのですが、当社はロックバーという目に見えない部分の部品をつくる会社。正直、はじめはよくわかりませんでした。決め手になったのは、ちょうどその年が初めての大学新卒募集だったこと。社長から「私の右腕になってくれ」と言ってもらえたことも嬉しかったですね!
ニッシンテクニスのここがいい♪

社員を信じて自由に任せてくれる会社に感謝

自由にやらせてもらえると言うのは一番嬉しいですね。保守管理に関しては、フリーと言っていいほど任せてもらっています。機械に関しても「これ要るから買うね」というと「山守くんが言うならそうなのだろう」って認めてもらえます。最近では電気工事の資格を取得したいと言って講習を受けてきました。もちろん、その理由は報告します。「配線ができるようになれば工場内をLED化できる」とか。でもわざわざ言わなくても信頼してくれている。それが当社のいいところ。
仕事は自分で見つけるもの。つい何にでも首突っ込んで、今ではかなり守備範囲が増えています。
楽しいですよ、毎日。
わたしにとって、モノづくりとは

モノづくりへのこだわり・情熱は、半分趣味の世界だったりします。

無駄の無い範囲内で、出来栄えにこだわるようになりました。コストを考えメッキかけではなく、極力きれいにワックスをかけて作る。部品もこれ使ってみたいなというものをいろいろ試す。これが私のこだわりです。モノ作りって本当に面白いです。どうやって作ろうか、何を使おうか、と考えて働く喜びがありますね。


わたしの仕事

お客様窓口として2社を担当しています。

注文の受付から手配、在庫管理、出荷などが主な仕事。注文は毎日ファックスや電話、メールで届くので、内容を確認し、在庫確認や製造部署への手配などを間違いないように行います。
急な注文もけっこうあります。電話が入るとパソコンで在庫や現在の状況を確認した上で日程や納品時間を確認。出荷担当に手配して、最終的にちゃんと時間通りに発送できたかまでを確認します。
とはいえ、在庫の見方が甘くて、予定の時間までに製品が間に合わなくなり、外注さんに急遽足りない分をお願いしたり、運送便に間にあわなくて、無理を言って社内の車で走ってもらったことも。そういう時にも、みんなが一緒になって協力してくれるのは、この会社ならではの良さですね。
入社のきっかけ

地元で見つけた優良メーカー。一目ぼれでした。

モノを生み出すモノづくりの会社がいいなと思って、メーカーに絞って、会社を探している時に見つけたのがニッシンテクニスでした。シェアも大きいし、面白そうだなと。もうひとつ、実家から通えるか、一人暮らししても実家に帰りやすい距離のところがいいなと思っていたので、ここなら条件に合うなと思いました。実際に働いてみると気さくな人が多くて、年齢や部署など関係無しに誰とでも話しやすいところ。忘年会の時には、あちこち動き回って、普段なかなかゆっくり話せない人達と話すのも、楽しみのひとつ。残業がないのもいいですよ。
ニッシンテクニスのここがいい♪

注文にトラブル無しに対応できたときの達成感が好き

出荷予定の製品が間に合うかどうか微妙なときがあるのですが、それを事前に見つけて、担当部署に連絡。急いで仕上げてもらうように手配したり、先方や配送業者さんと連絡を取って、トラブル無く注文が対応できたときの達成感は、「よっし!」と心の中でバンザイしたいくらい嬉しいですね。
迷惑をかけることのないよう、普段から細かく気を配って動くようにしていますが、予定通りに全てが進むとほんとに気持ちがいいんです。また、いろいろな部署と連絡を取りあっての仕事なので、あちこちの部署に友達ができることも楽しいですよ。
わたしにとって、モノづくりとは

製品としての価値が無いと売れない。だから、私たちが知恵を絞ります。

私は、製品を作る社員のみなさんが気持ちよく仕事ができるようにサポートしていきたいと常に考えています。私が担当しているのは「窓口」なので、ニッシンテクニスの看板を背負った、会社のイメージでもあります。責任の大きな仕事を担いながら、一方で製造現場のみなさんが生み出す製品が会社を支え、伸びていく。その連携を意識して、円滑に動かしていけるように頑張っていきます。