会社を知る

1953年 6月 日本車輌(株)下請工場として愛知県海部郡蟹江町鍋蓋に丹羽製作所を創立
1953年 8月 (株)東海理化電機製作所と取引開始、自動車部品の製造に着手
1959年 9月 伊勢湾台風により大きな被害をこうむる
1964年 5月 資本金50万円で丹清(ニッシン)精工株式会社を設立
1966年 4月 本社工場を増築
1967年 3月 資本金を200万円に増資
1968年 6月 資本金を500万円に増資
1969年 5月 本社工場を増築
1972年 11月 愛知県知事より合理化優良工場として表彰される
1976年 4月 自社の業務に適した専用機の開発に注力
1978年 12月 (株)東海理化電機製作所より「100%良品運動」の成果が認められ表彰される
1980年 4月 PMを導入し、生産設備の保全活動を展開するとともに、従業員の教育にも注力
1981年 1月 多種少量生産部品の合理化をめざし、NC自動旋盤を導入
1982年 3月 3階建て工場(B棟)を新設、TPM活動を開始
1982年 6月 資本金を1000万円に増資
1983年 9月 日本プラントメンテナンス協会より、PM優秀事業場賞第2類審査表彰を受ける
1985年 8月 2階建て工場(C棟)を新設
1985年 8月 事務の合理化をめざし、OA機器を導入
1987年 8月 C棟を3階建てに増築
1988年 8月 名古屋市中川区富田町に戸田工場を新設し、レバー加工を開始
1988年 12月 戸田工場の東工場を新設
1990年 9月 オフィスコンピュータを導入
1990年 12月 3階建て工場(D棟)を新設
1991年 3月 専用機の開発製作に注力
1992年 3月 冷間圧造加工機を導入
1993年 3月 CADを導入
1993年 9月 金型の設計製作を開始
1994年 1月 マシニングセンターを導入
1994年 5月 会社設立30周年を期に、社名をニッシンテクニス(株)に改称
1997年 8月 戸田工場を閉鎖し、本社工場の隣接地に第2工場を新設
2001年 12月 ISO9001認証取得
2003年 2月 ISO9001:2000移行
2003年 10月 ニッシンテクニスタイランド【NTTH】設立
2007年 7月 NTTHを新工場に移転
2009年 5月 エコアクション21認証取得
2009年 6月 ISO9001を2008年度版に移行
2011年 10月 タイ洪水により【NTTH】に甚大な被害
2012年 9月 切削工具製作の内製化に着手
2013年 3月 太陽光発電設備設置